新入荷商品
ショッピングカートを見る

CRAZY LAUREL BLOG
                   
特定商取引法について基づく表記
お支払方法について
配送方法・送料について
プライバシーポリシーについて
ログイン
新規会員登録について
メールマガジン
お問い合わせ

THE ERECTiONS.-COMPLETE 2003-2014-CD

今このレビューを書いているさなか、THE ERECTIONS無事アメリカ入国の一報を受けた。 そう、彼らは正に今日からUSツアーなんです。いやー、しかし無事入国できてよかった!あとはとにかくツアーを楽しんできてほしい。そんな彼らに今このタイミングで強引にメールでインタビュー敢行!(返信来るのか!?来たら載せたいんだけど…。) 待つこと数時間…。返信来た〜! ナカチン、ナイス!ありがとう!以下、ほやほやのインタビューです! Q:アメリカに着いて今の気持ちは? ナカチン:まず、無事に入国できてホッとした。ひょっとして俺無しでツアーになっちゃうんじゃねーかとヒヤヒヤしてたんで笑 Q:さっそくアメリカのパンクス と交流してると思うんだけどどんな感じ? ナカチン:まず、迎えにきてくれたWKSJ?のエリーのクルマ、これがまたPUNK笑。ストリートでの遊びかたもメチャクチャ笑 こいつらとPUNKで張り合いするのは並大抵じゃできないから先が思いやられる… CDに収録されてる既存曲に加えて新曲でぶちかましてやるつもりψ(`∇´)ψ 前置き長くなりました。本題に入ります。THE ERECTIONSのベスト盤「COMPLETE 2003−2014」がPOGO77 RECORDSからリリースされた。タイトルにもある通り2003年の1st DEMOから2014年のVA「TOO DRUNK TO BE BORED」の参加曲までなんと23曲も収録されてます!もちろん記憶に新しい1st EP「STAND UP FUCKIN’ PUNKS」と2nd EP「Oi! Oi! REAL NOW」もバッチリ収録。更に出血大サービスでカバーも3曲入ってます。曲の方はどこを切っても金太郎、と言うなかれ。(当然のことですが)メンバーも変われば音も変わる。バンドの変遷の歴史が楽しめて非常に味わい深い作品となっております。NOISE LIKE CHAOS “INOUE” SHIMOKITA-KILLERS氏によるRECONSIDERATION - NOISE ADDICTS (EP)のレビューばりに全曲解説と行きたいところですが、曲数が多過ぎて断念。何曲かですが(独断と偏見で勝手に)解説させていただきます。Track 3:Noise for the boys!/DEMOバージョンにはないイントロのギターソロが光る。THE CASUALITIESのPUNK ROCK LOVE を思い出した。ドッタンバッタンのつんのめり気味のパンク。歌詞もちょっと泣ける。Track 5:Turn on tune in drop out/8ビートのパンクロックがいい。かなりポップ。この手の曲も行けるんじゃないですか?Track 6:So much pogo/イントロを聴いてYoungtribes of Englandかと思ったら違った。Track 7:A.C.A.B/こういうドラムで攻められるとのらざるを得ない。ちょっとハードめでかっこいい曲です。Track 9:I’m in love with Oi!/Funeral Dressの名曲を高速でカバー。THE ERECTIONSのオリジナル曲みたいに聴こえる。Track 12:We are the boys /まさかのカバー。ふと思ったんだが、BLITZとATTAKの関係ってTHE DISCOCKSとTHE ERECTIONSの関係と似てないか。(余談)Track 17:But I’m OK/バンドで一度しか出せない1st DEMO(当たり前か)。いいね。奇跡の音。まさにBut I’m OK パンクってそういうもんだよね。FAST’S THE DISCOCKS と比べてみたら完全にTHE ERECTIONSの勝ちです。Track 18:How stupid your/よくあるパンクスの日常を歌った泣きの1曲。Fucked up〜へのオマージュか。とまあ、駄文はこれくらいにして、ド派手なルックスでやりたいようにやり、決してあきらめず、中国にツアーに行き今度はUSツアー。かっこいいぜ、THE ERECTIONS。とにかく今回のツアーの成功を祈る。皆さんもこのベスト盤を聴いて、アメリカでもまれて帰ってきた彼らのライブにぜひ足を運んでほしい。しかし、14日間で13本のライブとか言ってたな。大丈夫かよ。 おっと、ここで今回の音源をリリースしたレーベルPOGO77 RECORDSのNoriさんからもインタビューの返信が来た。どさくさに紛れて載せちゃいます。 Q:USツアーが始まったTHE ERECTIONSに一言お願いします。 Nori:結成当初から目標にしてたアメリカツアー実現嬉しいです。 Q:レーベルとしてTHE ERECTIONSを結構プッシュしていると思うんですがそのわけは? Nori:THE DISCOCKSが好きだし、THE DISCOCKSの極初期立ち上げに絡んだこともあって、そのフォロワーはもちろん応援したい。さらに、近年、こんなタイプのバンドが日本に本当少ないので、彼らみたいな馬鹿一直線に、鋲ジャン・スパイキーヘアー・3コードのバンドが増えて欲しい。もちろん個人的に彼らの人間性も好きだし。 Q:今回のベスト盤を聴いてみて感想は? Nori:デモと正式音源に同じ曲がレコーディングは違って入ってるけど、ほとんど変わらなくて笑った。金太郎飴系パンクバンドと痛感しました。 Q:POGO77としてTHE ERECTIONSのリリースに限らず他のバンドのリリースやライブの企画など、最近かなり生き急いでいるように見えますが大丈夫ですか!? Nori:先日、妻にも「あんた、最近、生き急いでない?」と言われました。大丈夫じゃないです 苦笑。ってのは嘘で、僕にはPUNKしかやることがない・目標がないってのが分かって、PUNKの活動(レーベル・企画・バンド)やってるとエナジーが溢れて、人生が薔薇色になるんですよ!なので・・・続けれる限りこのペースで続けます 苦笑 “エナジーが溢れて、人生が薔薇色になるんですよ!”ってホントかよ!笑     PETER / THE DISCOCKS

      
販売価格
1,480円(税抜)
購入数
こちらの商品購入で 49ポイント獲得できます。

【ポイントについて】
・ポイント獲得・使用については当ショップの会員登録が必要です。
・獲得したポイントは1ポイント=1円で使用できます。
・獲得されたポイントは当オンラインショップのみで使用できます。
    
クイック購入